どんな相談もできる

Filed Under (体験談) by adminadmin on 14-06-2012

出会い系サイトが私の「うつ病」を救った経験をお話ししましょう。一昨年前に職場で配置転換があり、私は職場でも口うるさい事で敬遠されているお局様のアシスタントとなってしまいました。男性の上司ですら彼女を黙らせる事はできないと言われるほどきつい性格で、私にとっては毎日が地獄のようでした。半年くらいは何とか気に入られようと頑張ってみたのですが、ある日の朝、とうとうベッドから起き上がることができなくなってしまったのです。

家族に連れられて病院に行くと、軽いうつ病と診断されて、しばらくの間、職場を求職する事になりました。毎日毎日、自室に閉じこもり落ち込んでいたのですが、このままではいけないと思い、誰かと話しをしなければ・・・と思ったのです。そこで、思いついたのが「メル友サイト」でした。誰でも良いから私の話を聞いて欲しいと思い、プロフィールには正直に今の状況を書きました。うつ病って、最近はかかる人がすごく多いとは聞いていましたが、私が「うつ病」とプロフィールに書いた事で、つらい経験を解ってくれる人が何人も現れたのです。

男性3人と女性が2人。それ以外にも、愚痴を聞いてくれるという人が2人。合計7人のメル友とメール交換をしたり、愚痴を聞いてもらったりしているうちに、何となく以前の自分に戻っていっているような感覚があったのです。メル友の良さは、お互いに顔も住まいも知らないところなんです。お互いに何も知らないから、何でも話せるし、どんな相談もできるんです。私にとっての無料出会い系サイトは、心療内科以上に効果がありましたよ。

関連記事

Comments are closed.